2015年春 第12回 SPECIAL LECTURE
ガーデンデザイナー / ポール・スミザー氏講演会



2014年12月のNHKプロフェッショナル出演が記憶に新しい、
ガーデンデザイナーのポール・スミザー氏。
日本の植物と自然をこよなく愛するスミザー氏は、
これまで見向きもされなかった日本の草木に着目。
氏の手がけた庭には多様な生き物が訪れ、
人にも生き物にも居心地の良い空間を醸し出します。

世界有数の豊かな緑に恵まれながらその価値に気づかない私たちに、
ガーデンデザインを通して、自然を大切にする意義を伝えつづけている氏。
かつて八王子市にも住んでいたことがあり、
高尾山の植生に魅かれ何度も訪れていたそうです。

この講演会が、私たちがもう少し足元に目を向け、
大事なものを見逃さないためのきっかけになることを願います。



ひにち:
2015年5月3日[日]18:30open / 19:00〜21:30


ところ:
東急スクエア12階   八王子市学園都市センターイベントホール
(JR八王子駅北口から徒歩1分)



参加費:
3,000円

満席の場合ご予約した方優先となりますので、予約申込をお勧めします。
氏名、連絡先(電話番号)、参加者数を下記までお送りください。
[ e-mail ] gensen31@dance.ocn.ne.jp
[ fax ] 042-684-9119(担当 古書げんせん舘)



Paul Smither / ポール・スミザー
イギリス、バークシャー州生まれ。英国王立園芸協会ウィズリーガーデンおよび米国ロングウッドガーデンズで園芸学とデザインを学ぶ。1997年、東京都三鷹市に有限会社ガーデンルームスを設立。個人邸や別荘、商業施設、公共緑地の設計、施工およびコンサルティングや講師として活動を開始。2012年より山梨県清里高原『萌木の村』にて庭づくりを始め、八ヶ岳の自然と共生する庭づくりが注目されている。